生活費が足りない時は
お金を稼ぐか借りるしかありません。

旦那の給料が安すぎて生活費に困っています。。

うちの旦那様が転職に失敗しちゃって、年収アップどころか年収ダウンで困っています(ノ△・。)

元々、給料があまり良くない会社からさらにダウンですから生活費もカツカツです(>_<)

疲れて遅く帰ってくる旦那に「もっと生活費を入れて」なんて言えない状況が続いています。

私もパートに出ていますが、なかなか希望通りにシフトに入れてもらえず、あまり稼げません。

ここ数ヶ月は生活費が足りない状況がずーと続いているので、ここで2つの対処法を実施し、夫を援護射撃してあげようと考えました(^_^)

2つの対処法とは「お金を稼ぐ」と「お金を借りる」です。

お金を稼ぐ・生活費を稼ぐ

1つ目は「お金を稼ぐ」です!

つまり、生活費で足りない分を働いて稼ぐということですね。

最初はパートをもう1つ掛け持ちしようと思ったのですが、パートって時給が低いんですよね。。

できれば、もっと時給が高い仕事をしたいなぁ〜と、時間を効率的に使いたいなぁ〜と思ったんですね。

すると、主婦でも自宅でできる高額アルバイトがあったので、これにチャレンジしてみることにしました。

やってみての感想は、稼げる時はけっこう稼げますが、稼げない時は待機ばかりで稼げないですね。。

でも、自宅で空いた時にできるので、効率的といえば効率的かもしれません。

今後、もっと稼げるように研究中です!

お金を借りる・生活費を借りる

ホントにピンチになった時はローン会社でお金を借りますね。いわゆるキャッシングというやつですね。

もう食費すら満足に買えないくらいピンチになった時や家賃の支払いに困った時とかに使っています。

お金を借りる理由は「旅費」とか「買い物」ですが・・・「生活費」と言うと貸してくれないといった噂を聞いたことがあるので。

今のローン会社ってパートでも毎月働いていて、3万円以上の定期収入があればお金を貸してもらえるんですよね。

平日の午前中に申し込めば、その日のうちに借りられますからね。ホント助かりますが、便利な分だけ借り過ぎには注意ですよね(^_^;)

最後の砦として、月に1回くらいのペースで生活費の補てんとしてお世話になっていますね(^_^)

パソコン、スマホから申込できます。360日24時間申込OK!

サービス 実質年率/融資額 最短審査時間 特徴 対象
無利息期間あり
プロミス
4.5%〜17.8%
1〜500万円
最短30分 三井住友フィナンシャルグループのグループ会社
30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
平日14時までにWEB契約完了で当日振込。借入れ3秒診断。
主婦、学生でもパートやアルバイトで安定した収入がある場合は申込可能。
アコム
4.7%〜18.0%
1〜500万円
最短30分 三菱UFJファイナンシャル・グループ
30日間無利息。
3秒診断でお借入れ可能かすぐに分かる。
はじめての方でも来店不要で即日振込も可能。
10万円借りても返済は月5,000円からでOK。
主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。
電話・郵便なし
モビット
3.0%〜18.0%
1〜800万円
最短30分 三井住友銀行グループ
「PCからWEB完結申込」なら申込み時に電話連絡と郵便物がなし。10秒簡易審査。
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも安定した定期収入があれば利用可能。

ローン会社でお金を借りる時は利息がかかるので、利息の計算方法は知っておいた方がいいですよ!

計算は以下のように簡単ですからね(^_^)

借りた金額 × 実質年率 ÷ 365日 × 借りた日数

たとえば、3万円を実質年率18%で借りて15日後に返済した場合は

30000 × 0.18 ÷ 365 × 15 = 221.917....

となりますが、小数点以下は切り捨てなので、この場合の利息は221円となります。

消費者金融で借りたお金の使い道

2007年(平成19年)の調査結果なのですが、「消費者金融から借り入れているお金の主な利用用途」が業界団体から発表されました。その調査によると、生活費を補うために消費者金融でお金を借りている人がけっこう多いことが分かります。

  • 物品購入:42.1%
  • 生活費への補てん(食費・家賃など):38.2% ← 生活費は2番目に多い理由
  • 旅行・レジャー費用:24.1%
  • その他の借金返済:18.6%
  • 遊興費・娯楽費:17.9%
  • 外食費・飲み代:17.0%
  • パチンコや競馬などのギャンブル:11.6%
  • 事業資金の補てん:10.4%
  • 医療費:8.14%
  • 子供の教育費:7.4%
  • 住宅ローン・自動車ローンの充当:7.4%
  • 冠婚葬祭:71.%
  • 引っ越し代(敷金・礼金を含む):6.2%
  • その他:2.4%

こうやってみていくと、みなさん様々な理由でキャッシングしていますが、私と同じように生活費の補てんで借りている人は2番目に多いんですね。

確かに、家賃とか延滞したらヤバいですし、食費をケチると家庭の中がギスギスしますからね。

先ほど計算したように、3万円を借りても15日後に返済すれば利息はたったの221円ですからね。

この程度の利息だったら、借りてしまった方がいいですよね!

ただし、お金を借りる理由を聞かれたら、「生活費のため」とは言わずに、「旅費」や「買い物(ショッピング)」と言った方が審査に通る確率は上がりますよ!

おすすめサイト